伝統行事と朱雀のイベント

▼プルダウンで行事・イベントのカテゴリーを選択できます。
●緑は伝統行事 ●赤は朱雀のイベントを表しています。

1
初詣情報
初詣情報
1月 1 – 1月 7 全日
初詣情報
~ 今年も良い年でありますように、初詣に出かけませんか ~   初詣は、新年を迎え清浄な心で社寺に参拝し一年間の願いを祈る行事で、奈良の各社寺では毎年多くの参拝客でにぎわいます。奈良市にある社寺で、1月1日~7日に行われる「初詣」の主な行事を、開催される「日にち別」に表にまとめてみました。どの日に、どことどこを参拝しようかと、ご家族の方やお友達と相談しながら、「初詣」で今年も良いスタートを切りましょう。   (各行事の概要については下記の備考欄をご参照ください。) 社 寺 行事(開催場所・時間) 1日 2日 3日 4日 5日 6日 7日 東大寺 TEL:0742-22-5511 (1)大仏殿無料参拝(0:00~8:00) ○             (2)修正会(於:大仏殿)(13:00~)             ○ 興福寺 TEL:0742‐22‐7755 (3)新春護摩祈祷(於:不動堂)(14:00~16:00)[...]
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
西大寺 初釜 大茶盛り式
西大寺 初釜 大茶盛り式
1月 15 全日
西大寺 初釜 大茶盛り式 @ 西大寺
東大寺に対する西の大寺として奈良時代に称徳天皇の勅願で建てられた西大寺では、毎年新年に初釜の儀式として大茶盛り式の行事が行われます。   日  時: 毎年1月15日 場  所: 奈良市西大寺芝町1-1-5近鉄大和西大寺駅南口から徒歩3分 お問い合わせ: 西大寺 電話 0742-45-4700   ◆茶盛り式の由来 延応元年(1239)の正月、14日間の修正会の翌日の1月16日、鎮守八幡宮に献茶をして、修法満願のお礼を言上し、参詣人にもお茶を振る舞ったことに始まると伝えられています。当時ではまだ貴重な高貴薬とされていたお茶を皆で廻し飲みし、この一年の無病息災を祈っていましたが、次第にたくさんの人々が参詣するようになり、小さな茶碗では間に合わず、大きな茶碗で茶を点てて廻し飲みするようになったので、「大茶盛」の言葉が生まれたといわれています。 写真:奈良市観光協会   ◆西大寺の案内 称徳天皇が鎮護国家の祈りから、天平宝字8年(764)に東の大寺に対し西の大寺として、金銅四天王像造顕の発願をして四王堂を建立しました。 その後771年までに、薬師金堂、弥勒金堂、五重の東西双塔、十一面堂などの広大な七堂伽藍が整いましたが、平安期に多くの堂宇が焼失し、 鎌倉期文暦2年(1235)に中興の祖の興正菩薩叡尊が復興に尽力しました。いま現存する堂宇は江戸期以後に再建されたものです。 四王堂   本堂: 本尊の釈迦如来立像(重文)は叡尊が嵯峨清涼寺に参詣し、その釈迦像を模刻させたといわれています。   愛染堂: 叡尊の念持仏であった愛染明王坐像(重文)が安置されています。また、堂内左手に叡尊坐像(重文)も安置されています。   四王堂: 本尊に十一面観音立像(重文)と四天王像(重文)が安置されていて、特に、増長天が踏みつけている邪鬼は創建当初の貴重な像で、憎めない表情が印象的です。   聚宝館: 寺宝の、国宝の絹本着色十二天像十二幅、金銅透彫舎利塔、金銅五瓶舎利塔などが収蔵されています。 写真:奈良市観光協会   ◆耳寄り情報 名物行事の「大茶盛」は、正月初釜以外にも春の4月第2日曜とその前日の土曜日と、秋の10月第2日曜日に境内光明殿で開催されています。 そして、大茶盛に出される茶菓子は、「金銭」と呼ばれる幻の金銭貨「開基勝宝」を象ったお菓子です。この金貨は天平宝字4年(760)に金・銀・銅の三種の貨幣が鋳造された記録がありますが、金貨が江戸期寛政6年(1796)に西大寺の西塔跡から一枚だけ発見されただけで、幻の金貨とされていました。[...]
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
若草山焼き
若草山焼き
1月 26 全日
若草山焼き @ 奈良公園 若草山一帯
午後6時、花火が打ち上げられ6時15分に点火と同時に各所から火の手が上がり、全山が炎に包まれる冬の奈良の壮観な伝統行事です。   日   時:  毎年1月の第4土曜日 午後6時15分点火(雨天の場合は順延) 場   所:  奈良公園 若草山一帯   JR・近鉄奈良駅から市内循環バス「大仏殿・春日大社前」下車、徒歩約10分 問い合わせ:  奈良市観光センター(TEL:0742-22-3900)    若草山山麓の「野上神社」で、山焼きの無事終了を祈願する祭儀が行われた後、花火が打ち上げられる中、若草山の周囲四方から一斉に枯れ芝や枯れ草に点火され、約33ヘクタールのなだらかな山容が炎に包まれます。冬の夜空を焦がして山が燃え盛るさまは壮観で、毎年10万人もの人出で賑わいます。 ★由来  若草山焼きの起源は、山上にある鶯塚古墳の霊魂を鎮めるために杣人が行った祭礼であるとか、江戸時代に東大寺と春日大社・興福寺との境界争いが起こり、宝永10(1760)年、奈良奉行が仲裁に入って双方立ち会いのうえ樹木を伐採し、その後を焼き払ったのを始まりとするなどの説がありますが、鹿や猪による野荒らしを防いだり、春の芽生えを促すためにもなることから、関係社寺が毎年一定の日を決めて山焼きを年中行事として行うようになったのでしょう。 ★なら・観光ボランティアガイドの会からのおすすめ  山焼きを見るのに良いポイントはいろいろありますが、若草山の麓でぜひご覧になることをお薦めします。ここでは、消防士が松明をかざして火をつける様子や、炎の乱舞を間近にみることができ、また奈良市の夜景も展望することができる最高の場所です。  
27
28
29
30
31


© 2014 NPO法人 なら・観光ボランティアガイドの会(朱雀)– All Rights Reserved.