参考コース検索
  • コースの検索

アーカイブ
カテゴリー
新薬師寺 十二神将 毘羯羅大将
新薬師寺 薬師如来と十二神将[写真提供:新薬師寺]
 
薬師如来は両脇に日光と月光の2菩薩と、さらにこれらを守る12の武将・十二神将を従えています。
十二神将とは、薬師如来の世界とそれを信仰する人々を守る大将で、1体に7,000人の眷属(けんぞく:部下)を率いていると言われます。
土壇の上で円陣に取り巻いて、お薬師さまを護衛しています。
激しい怒りを表したほぼ等身大の立像で、我が国、最古最大の十二神将像です。
また十二の方角を守っていることから、干支(十二支)の守護神としても信仰されています。
十二神将像の各名称が、国指定と新薬師寺指定と異なっています。
 
新薬師寺の十二神将立像は塑像(そぞう)という土を用いた彫刻で、奈良時代の名品(1体は補作)です。
塑像は木の骨組みに縄を巻きつけ、そこに藁をまぜた粘土をつけて大まかな形を造り、紙の繊維と雲母をまぜた土で上塗りしたもので、眼球は紺、緑、褐色のガラスの吹き玉で表現されています。表面は青、朱、緑、紫に繧繝彩色(うんげんさいしき 同系統の色ごとに濃淡をつけて立体感を生み出す彩色法)され、現在でも部分的に色が残っています。
 
毘羯羅(ビギャラ)大将  
新薬師寺 十二神将 毘羯羅(ビギャラ)大将[写真提供:新薬師寺] 新薬師寺 十二神将[写真提供:新薬師寺]
左手を腰に当て、
右手に三鈷杵(さんこしょ)を持つ
塑像 / 像高 約160cm
奈良時代(8世紀)
国宝:天平時代
十二支:ね
(国指定名:毘羯羅)
 
新薬師寺 ホームページ参照 写真提供 新薬師寺


© 2014 NPO法人 なら・観光ボランティアガイドの会(朱雀)– All Rights Reserved.