参考コース検索
  • コースの検索

アーカイブ
カテゴリー
元興寺 秋の特別展
特別公開『世界遺産元興寺 国宝禅室 屋根裏探検』
 
  ※予約受付開始 8月1日(水)9:00から
期 間: 平成30年10月13日(土)~ 11月11日(日)
時 間: 午前9時15分から午後4時まで(但し、入場は午後3時30分まで)
 【午前】 9:15~11:15(毎時15分と45分)
 【午後】13:00~16:00(毎時0分と30分)
場 所: 国宝 禅室
定 員: 各回(30分毎)10名(事前予約制)
参加費: 1,000円(当日収受、元興寺拝観料は別途必要です)
お願い: 屋根裏へは特設の階段を利用し、屋根裏内部は特設の足場の上を歩いていただきますので、足の不自由な方及び、車椅子ご利用の方、未就学児のみのご参加もご遠慮いただきますようお願い致します。
  申込先 / 奈良市観光センター TEL:0742-22-3900(9:00~17:00)
 
元興寺創建千三百年記念 秋季特別展『大元興寺展』
 
【展示概要】
 平成30年(2018)は、養老2年(718)に元興寺が平城京に創建されてから1300年になります。これを記念し、元興寺・元興寺文化財研究所では慶賛行事の一環として、関連文化財を一堂に集め、元興寺の歴史を概観する展覧会を開催します。
 秋季特別展では、元興寺の創建からの歴史を総合的にとりあげます。元興寺は、養老2年(718)に飛鳥から移されて国家的寺院として建立された後、中世を通じて全体として寺勢は衰えていきます。しかし大伽藍には「ならまち」につながる都市奈良が形成され、元興寺の一部は都市寺院として活況を呈し、近世、近代へと法灯を伝えました。
 本展では、元興寺ゆかりの寺院や諸機関の協力のもと、出土遺物や彫刻、絵画、古文書などの各種資料によって、古代は国家的寺院として、そして中世以降は都市奈良の中で存立してきた元興寺の歴史を振り返ります。
 
開催期間: 平成30年9月13日(木)~ 11月11日(日)
会  場: 元興寺 法輪館
入館料: 元興寺拝観料に含みます
拝観料: 大人 600円 / 中高生 300円 / 小学生 100円
 
「大元興寺諸仏展」
 
期 間: 平成30年9月13日(木)~ 9月27日(木)(15日間)
時 間: 午前9時から午後5時まで(受付最終は午後4時30分)
場 所: 真言律宗 元興寺・法輪館1階
料 金: 元興寺拝観料に含みます(大人 600円 / 中高生 300円 / 小学生 100円)
諸 仏: 国宝薬師如来像 華厳宗元興寺(奈良国立博物館寄託)
重文十一面観音立像 華厳宗元興寺(奈良国立博物館寄託)
重文釈迦如来立像 奈良国立博物館(真言律宗小塔院所縁)など

主 催: 真言律宗元興寺 華厳宗元興寺 真言律宗小塔院
公益財団法人元興寺文化財研究所
 


© 2014 NPO法人 なら・観光ボランティアガイドの会(朱雀)– All Rights Reserved.