参考コース検索
  • コースの検索

アーカイブ
カテゴリー

不空院の秘仏特別開帳のガイドお手伝い

2018年10月27日~2018年11月12日 不空院の秘仏特別開帳 本堂内にてお客様にガイドしました。
 
女人の救済に篤く「かけこみ寺」でもあった不空院で、春季に続き秋季の秘仏特別開帳が行われました。当寺では「不空羂索観音坐像」と「宇賀弁財天女」が秘仏であり、10月27日から11月12日までの期間に特別公開されました。特に「不空羂索観音坐像」は、東大寺・三月堂や興福寺・南円堂の不空羂索観音像と並んで非常に有名です。
「朱雀」のスタッフが連日、本堂内にてお客様にガイドをし、たいへん喜んでいただきました。当寺は、鑑真和上の住坊跡であったことや、弘法大師・空海が興福寺南円堂の八角堂雛型の建立地に選んだことでも有名な古刹です。特に鑑真和上が当寺に住んでおられたことなどガイドの説明を聞いて初めて知ったというお客様が多く、驚いておられました。
同期間中は、正倉院展の開催時期とも重なり、たくさんのお客様が全国からお参りに来られ、古き奈良の風情がなお残る高畑地区とともに楽しんでおられました。
 
2018年10月27日~2018年11月12日 不空院の秘仏特別開帳 本堂内にてお客様にガイドしました。 2018年10月27日~2018年11月12日 不空院の秘仏特別開帳 本堂内にてお客様にガイドしました。


© 2014 NPO法人 なら・観光ボランティアガイドの会(朱雀)– All Rights Reserved.