参考コース検索
  • コースの検索

アーカイブ
カテゴリー

春日祭 (申祭)

地図を見るにはクリック
いつ:
2019年3月12日 全日
2019-03-12T00:00:00+09:00
2019-03-13T00:00:00+09:00
どこで:
春日大社
奈良市春日野町160
連絡先:
春日大社
0742-22-7788
奈良時代の藤原氏の氏神である春日大社で春の例祭の「春日祭」が春の三月に行われます。
 
日 時: 毎年3月13日
場 所: 奈良市春日野町160
JR・近鉄奈良駅から市内循環バス「春日大社表参道」下車、東へ10分
お問い合わせ: 春日大社 電話:0742-22-7788
 
◆春日祭の由来
この祭礼の起源は、勅祭として仁明天皇の嘉祥2年(849年)頃に春2月と冬11月の申の日に執り行われていたので、『申祭り』とも呼ばれていました。明治19年以後は春3月13日に定められました。しかし、天皇の勅使参向の勅祭として、勅使自らが司祭する氏神祭礼の精神は今も変わらず続いています。
現在の祭儀の内容は、3月10日の『辰の立榊式』に始まります。春日山中の榊を伐り出し、一の鳥居の左右の柱に立てます。3月11日の『巳の祓式』で、春日祭奉仕の祭員一同の清祓が行われ、その後『午の御酒(みき)式』で一献を土に注ぎ、土地の神を祝い鎮める儀式を行います。 3月12日には神前に新しい清砂を置く『未(ひつじ)の砂置式』が行われ、申祭り本祭の準備的儀式(前儀式)としてそれぞれ執り行われます。
13日祭り当日は、午前9時『御戸開(みとびらき)の神事』で古式神饌を供え、神宝を神前に飾ります。午前10時より勅使が参向して、二の鳥居内の祓戸神社前で『祓戸の儀』、つづいて着到殿における『着到の儀』を終えて、直会(なおらい)殿にて祭典が執り行われます。
まず献饌『御棚の神饌』を神前に供え、酒殿で醸造した濁酒(しろき)と清酒(くろき)を供える。
そして、天皇陛下より奉納の御幣物が奉奠され、勅使の御祭文奏上が行われる。
林檎の庭にて『和舞(やまとまい)』が奉納演奏され、約3時間半に及ぶ祭儀が終了する。
 
◆春日大社の案内
奈良時代の神護景雲2年(768年)に、称徳天皇の勅命で左大臣藤原永手らが現在地に四所の神殿を創建されました。第一殿は鹿島神宮から、第二殿は香取神宮から、第三、第四殿は大阪の枚岡神社からそれぞれ勧請され祀られました。本殿四棟は一間社妻入りの春日造りの典型で国宝に指定されています。 春日祭が行われる春日大社(伝統行事 春日祭 (申祭))
 
◆耳寄り情報
春日祭の神饌は特別の八種のもの(御魚八種、御精進物八種、御菓子八種)を平安期の『延喜式』に記載通りに調理されて供えられています。その中の『ぶと』という神饌は唐から渡来した揚げ菓子です。神饌のため一般に口にすることはありませんが、中に餡を入れて食べやすくした菓子が市販されています。
 
◆こんなことご存知ですか?
毎年、勅使を迎えて、祭礼が始まりますが、藤原姓を名乗る勅使は西回廊にある慶賀門より参入し、他の姓の勅使の場合は正面の南門から参入し、直会殿の作合(つくりあい)の席につくことになっています。

Comments

Leave a comment


© 2014 NPO法人 なら・観光ボランティアガイドの会(朱雀)– All Rights Reserved.