参考コース検索
  • コースの検索

アーカイブ
カテゴリー

竹送り

いつ:
2019年2月11日 全日
2019-02-11T00:00:00+09:00
2019-02-12T00:00:00+09:00
 奈良に春を告げる「お水取り」の行事は、2月20日からの前行で始まり、3月1日から2週間にわたる本行が行われます。しかし、「お水取り」の準備は、前行の始まる前から行われていて、そのひとつが、2月中旬に行われる「竹送り」の行事です。
 
 東大寺の修二会は、「お水取り」とも「お松明」とも呼ばれ、二月堂の舞台を駆けぬける松明の炎はあまりにも有名ですが、その松明に使われる真竹は、昔、京都山城地方などから送り竹の風習によって調達されていました。昭和50年代に入り、戦前に途絶えていたこの「竹送り」は、京田辺市の山城松明講の人々によって40年ぶりに復活されました。
 
毎年2月中旬、山城の地で、朝早くから、周囲が30cm以上もある真竹が掘り起こされます。
  このときに、掘り出しやすいように根を切り回したことから「根回し」という言葉が生まれました。
朝早くから、山城の地で掘り起こされる、周囲が30cm以上もある真竹。(伝統行事 竹送り(2月11日)) 真竹を掘り起こす際、掘り出しやすいように根を切り回したことから「根回し」という言葉が生まれました(伝統行事 竹送り(2月11日)) 山城の地で掘り起こされ、運び出される、周囲が30cm以上もある真竹。(伝統行事 竹送り(2月11日))
京田辺市の普賢寺(観音寺)で、竹寄進の法要が行われます。
竹寄進の法要が行われる京田辺市の普賢寺(観音寺)。(伝統行事 竹送り(2月11日)) 京田辺市の普賢寺(観音寺)での竹寄進の法要。(伝統行事 竹送り(2月11日))
京田辺市から運ばれた7本の真竹は、奈良坂で、大八車に移され、車を引いたり、肩に担いだりして、東大寺に向かいます。奈良坂からは、奈良市民も加わり、竹を担ぎながら京街道を進みます。途中、街道沿いの住民が竹送りの労をねぎらい声をかけてくれます。
奈良坂で大八車に移される京田辺市から運ばれた7本の真竹。(伝統行事 竹送り(2月11日)) 車を引いたり、肩に担いだりして、東大寺に向かう京田辺市から運ばれた7本の真竹。(伝統行事 竹送り(2月11日)) 奈良市民も加わり、竹を担ぎながら京街道を進む京田辺市から運ばれた7本の真竹。(伝統行事 竹送り(2月11日))
京街道に面して立つ、般若寺の均整のとれた楼門(国宝)の前を通過します。
京街道に面して立つ、般若寺の均整のとれた楼門(国宝)の前を通過する京田辺市から運ばれた7本の真竹。(伝統行事 竹送り(2月11日)) 京街道に面して立つ、般若寺の均整のとれた楼門(国宝)の前を大八車に乗せられて通過する京田辺市から運ばれた7本の真竹。(伝統行事 竹送り(2月11日))
竹送りの行列は、県庁前を通り、東大寺南大門から大仏殿へと向かい、中門前でひと休み。ここから二月堂まで、急な坂を一気に大八車を引いて駆け上ります。まもなく二月堂前に到着し、無事、真竹を送り届けることができました。
県庁前を通り、東大寺南大門から大仏殿へと向かう竹送りの行列。(伝統行事 竹送り(2月11日)) 中門前でひと休みする竹送りの行列。(伝統行事 竹送り(2月11日)) 二月堂まで、急な坂を一気に駆け上る竹送りの行列。(伝統行事 竹送り(2月11日))
 
 こうして、お水取りの行を支える「竹送り」は、山城松明講の人々を中心に昔ながらの方法で、二月堂まで送り届けられているのです。私たち、なら観光ボランティアガイドの会でも、毎年多くのメンバーが参加して、この行事に協賛しています。
 

Comments

Leave a comment


© 2014 NPO法人 なら・観光ボランティアガイドの会(朱雀)– All Rights Reserved.