秋篠・菅原の里

平城京北西部に位置し、かつて優れた陶土と良水と松樹に恵まれた地で、有力な土師氏の里として栄えたところです。
奈良時代、土師部出身豪族の秋篠氏や菅原氏が氏寺として秋篠寺や喜光寺、菅原神社等を建立した、歴史的にも重要な地域です。

コースは一例です。
ご希望に沿って自由に設定できます。

■拝観料
喜光寺:500円 西大寺本堂:400円
愛染堂:300円 四王堂:300円
秋篠寺:500円
※西大寺 本堂・愛染堂・聚宝館・四王堂
四ヶ所共通:800円


コース番号 SS-300
所要時間 約4時間
歩行距離 4.5km
対象期間 年中
費用(公共交通費・拝観料等) 約2,340円
利用交通機関 バス

一般の方の申込み

学校関係の方用申込み

このコースの概要
耳寄り情報
地図

みどころ 参考コース順路(一例です。)
垂仁天皇陵(菅原伏見東陵 / 宝来山古墳)
第11代垂仁天皇御陵、水濠に囲まれた墳丘が美しい全長227mの前方後円墳で、濠の南東部に浮かぶ小島は、垂仁天皇の命で常世の国へ不老長寿の果物を探しに行った田道間守の墓という。田道間守は10年後に非時香果(ときじくのかぐのこのみ)(橘の実)を持ち帰ったが、天皇は既に崩御、悲嘆にくれて殉死したため、陵墓のそばに葬られたと伝えられる。前方後円墳では「日本一美しい」とも言われている。
西大寺 本堂
東の大寺「東大寺」に対し、西の大寺「西大寺」と称され、南都七大寺の一つ。寺域は約31ヘクタールと広大で百十数の堂宇があった。764年(天平宝字8年)に称徳天皇が鎮護国家と平和祈願の為に金銅四天王像の造立を発願し、鋳造したのが西大寺の始まり。伽藍の建立は780年頃まで続いた。平安時代に再三の災害に遭い、衰微の一途を辿ったが、鎌倉時代の名僧叡尊が、真言律宗の根本道場として伽藍を復興した。室町時代に再び兵火で堂塔を失ったが、江戸時代に再建され今日に至っている。(南門のみ室町時代再建で最も古い。)
本堂は国重文、 1752年(宝暦2年)に建立され、土壁を施さない総板壁の寄せ棟造り。本尊の木造釈迦如来立像(鎌倉時代、国重文)は1249年(建長元年)に京都嵯峨清涼寺の釈迦如来像を模刻したもの。叡尊が信仰した木造騎獅文殊菩薩像と愛嬌のある善財童子(共に鎌倉時代、国重文)、又、本堂の前には東塔跡の基壇も残っている。
秋篠寺 本堂
本堂は創建時の講堂を鎌倉時代に改築したもので、天平の建築美を今に伝えている。ご本尊は薬師如来と脇侍の日光・月光菩薩、ほか梵天、帝釈天、伎芸天が安置され、いずれも国の重要文化財である。中でも伎芸天立像(頭部は乾漆・天平、体部は木造・鎌倉時代)の優美なお姿は東洋のミューズと評されファンが多い。
場所 内容
近鉄尼ケ辻駅 出発場所 ここでトイレを利用できます。
 徒歩移動 10分
垂仁天皇陵(菅原伏見東陵 / 宝来山古墳) 10分
 徒歩移動 15分
喜光寺 15分 ここでトイレを利用できます。
 徒歩移動 2分
菅原天満宮 5分
 徒歩移動 30分
西大寺 15分
 ・西大寺 本堂 20分 ここでトイレを利用できます。
 ・西大寺 愛染堂
 ・西大寺 四王堂
 徒歩移動 8分
西大寺奥の院(体性院) 5分
 徒歩移動 細い道を抜け左折50m近鉄踏切を渡る(歴史の道を辿る)
さらに狭い石畳の「歴史の道」を北へと秋篠寺の南門を遠望しながら歩く
20分
八所御霊神社
 徒歩移動 すぐ
秋篠寺 ここでトイレを利用できます。
 ・秋篠寺 本堂 20分
 バス移動 「秋篠寺」より西大寺北口行きバス乗車 5分
近鉄西大寺駅 終了場所 ここでトイレを利用できます。
ここでトイレを利用できます。 ← 左のマークの場所では、トイレをご利用いただけます。

土師氏と野見宿禰と埴輪について
土師氏の先祖は、当麻蹶速と相撲をとり、みごと勝者となって力士の始祖と讃えられた出雲出身の野見宿禰といわれる。垂仁天皇は皇后薨去にあたり宿禰の献策を用いて、慣行であった殉死に代えて、埴輪を陵墓の周囲に並べることとされたと伝えられる。以来土師氏は、代々皇室の葬送儀礼を取り扱うとともに陵墓築造に携わるなど大土木工事の技術集団として栄え、後に秋篠氏・菅原氏を名乗ることとなった。
大茶盛式
(西大寺の名物行事で1月15日、4月第2日曜と前日、10月第2日曜に光明殿で開催、巨大な茶碗(40cm)に点てた抹茶を回し飲みする)1239年(延応元年)の正月、叡尊上人は27日間の修正会を厳修しその満願の翌日の1月16日、鎮守八幡神社に参詣して修法の満願のお礼を言上し、その時に献茶しその供養の余服を参詣の人々に振る舞ったのに始まると伝えられている。その後西大寺の正月のお茶を頂くと、1年間無事息災になるという信仰が生まれ、ご利益にあずかろうという人々が雲集したので小さな茶碗では間に合わず、大きな茶碗にして回し飲みをした。 西大寺 大茶盛式
西隆寺
奈良時代後期767年、称徳天皇の発願により建立された、西大寺の尼寺です。 官寺として平安初期まで隆盛を誇り、金堂、講堂、南大門、東塔をもつ大伽藍だったようですが、次第に衰退し鎌倉時代には廃寺となりました。1971年に発掘調査が行われ近鉄西大寺駅北口前 横断歩道を渡ったビルの前に西隆寺説明板があります。
奈良ファミリー店内に回廊跡、塔跡、東門跡がありますので、お買物にお出かけの折、ご覧になられては如何でしょうか。
★一口メモ
秋篠寺 住所:奈良市秋篠町757 TEL:0742-45-4600 拝観時間(9:30~16:30) 駐車場10
喜光寺 住所:奈良市菅原町508 TEL:0742-45-4630 拝観時間(9:00~16:00)
西大寺 住所:奈良市西大寺芝町1-1-5 TEL:0742-45-4700
   <聚宝館> 仏像、仏具、絵画、工芸品などの寺宝を収蔵。
開館日:1/15~2/4、4/1~5/31、10/11~11/15)

秋篠・菅原の里(佐保・佐紀路周辺)

グーグルマップで確認する
佐保・佐紀路


© 2014 NPO法人 なら・観光ボランティアガイドの会(朱雀)– All Rights Reserved.