西ノ京 (世界遺産)

平城京の西には白鳳伽藍で有名な薬師寺や、鑑真和上ゆかりの唐招提寺があります。今も昔と変わらぬ景観を残す「西の京」を巡るコースです。近鉄奈良駅及びJR奈良駅からは、路線バスで行くことも出来ます。

コースは一例です。
ご希望に沿って自由に設定できます。

■拝観料
薬師寺:800円
(※玄奘三蔵院公開期間のみ 1100円)
唐招提寺:600円


コース番号 NI-100
所要時間 約2~3時間
歩行距離 2.5km
対象期間 年中
費用(公共交通費・拝観料等) 約1,920円
利用交通機関

一般の方の申込み

学校関係の方用申込み

このコースの概要
いち押しポイント
地図

みどころ 参考コース順路(一例です。)
薬師寺 東塔
高さ約34mの三重塔です。平城薬師寺創建当時(8世紀)の建物のうち現存する唯一のものです。その優美な姿は、アメリカの哲学者フェノロサが「凍れる音楽」と絶賛しました。各層に裳階(もこし)があるために六重塔に見える階調の美しい塔です。また、金堂と塔が回廊によって囲まれ、塔が二基となり、金堂の斜め前方に対立する新しい伽藍配置がこの時代(奈良時代前期)に生まれ、「薬師寺式」と呼ばれています。
平成24年より東塔に覆いが施され、平成30年度頃まで解体修理中
(心柱の最上部から仏舎利が発見されました。)
薬師寺 金堂 薬師三尊像
1976(昭和51)年、白鳳時代様式の本格的な金堂として復興。国宝の金銅仏、薬師三尊像(薬師如来と脇侍の日光、月光菩薩)、つややかな深い光沢のある黒褐色のお姿は拝するものを魅了します。
薬師如来の台座も必見です。
唐招提寺 金堂
『天平の甍』でも知られる奈良時代のものとして唯一残る金堂で、2010(平成22)年に解体修理を終えました。
国宝の盧舎那仏(脱活乾漆造としては最大)、薬師如来、千手観音(国内では最古最大)など創建時の仏像が祀られています。
場所 内容
近鉄西大寺駅 出発場所 ここでトイレを利用できます。
 電車移動 5分
近鉄西ノ京駅 ここでトイレを利用できます。
 徒歩移動 3分
薬師寺 40分
 ・薬師寺 東塔
 ・薬師寺 西塔
 ・薬師寺 金堂
 ・東院堂 ここでトイレを利用できます。
 徒歩移動 5分
薬師寺 玄奘三蔵院 15分 ここでトイレを利用できます。
 徒歩移動 15分
唐招提寺 60分
 ・唐招提寺 金堂 ここでトイレを利用できます。
 ・唐招提寺 講堂
 ・唐招提寺 鼓楼
 ・唐招提寺 御影堂
 ・唐招提寺 御廟
 徒歩移動 近鉄西ノ京駅へは15分
唐招提寺東口バス停へは5分
近鉄尼ケ辻駅へは25分(垂仁天皇陵経由)
近鉄西ノ京駅 又は
唐招提寺東口バス停 又は
近鉄尼ケ辻駅
終了場所 ここでトイレを利用できます。
ここでトイレを利用できます。 ← 左のマークの場所では、トイレをご利用いただけます。

薬師寺 平山郁夫画伯と大唐西域障壁殿 (公開 1/1~1/15、3/1~6/30、8/13~15、9/16~11/30)
ラビスラズリで彩られた群青の空、果てしない砂漠と険しくも神々しいヒマラヤの山嶺・・・。身命を賭して長安から天竺へ、三蔵法師求法の旅をたどる壁画です。
平山郁夫画伯自ら取材の旅を重ね、30年もの歳月をかけ完成されました。絵身舎利として祀られています。
唐招提寺御影堂(みえいどう)の特別開扉 (「開山忌」かいさんき) 6/5~6/9 午前9時~午後4時
  「国宝・鑑真和上像」と、東山魁夷画伯が10年余りの歳月を費やし1981年に奉納された「障壁画(襖絵)」68面が拝観できる期間です。
ぜひお出かけになって、鑑真和上の遺徳に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。
(※平成27年から約5年間修理の為拝観できません。)
(御影堂拝観料 500円)※お問い合わせ先:唐招提寺 TEL:0742-33-7900

“西ノ京(西ノ京周辺)

グーグルマップで確認する
西ノ京周辺


© 2014 NPO法人 なら・観光ボランティアガイドの会(朱雀)– All Rights Reserved.