参考コース検索
  • コースの検索

アーカイブ
カテゴリー

鹿の角きり

いつ:
2017年10月7日 @ 12:00 – 2017年10月9日 @ 15:00
2017-10-07T12:00:00+09:00
2017-10-09T15:00:00+09:00
どこで:
奈良公園内「鹿苑(ろくえん)」角きり場
奈良県奈良市春日野町160
料金:
大人(中学生以上)1000円、子供(小学生)500円
連絡先:
一般財団法人 奈良の鹿愛護会
0742-22-2388
 はちまきにはっぴ姿の勢子(せこ)と呼ばれる人たちが、荒々しく走り回る鹿の角に縄をかけて、暴れる鹿を取り押さえます。そして、烏帽子(えぼし)を被った神官が、のこぎりで角を切り、神前に供えるという、古都奈良の秋を彩る伝統行事です。
 
日 時:   10月7日(土)・8日(日)・9日(月)
  12:00~15:00(開場 11:30 最終入場 14:30) 雨天中止(小雨決行)
場 所:   奈良公園内「鹿苑(ろくえん)」角きり場(春日大社参道南側)
  JR・近鉄奈良駅から市内循環バス「春日大社表参道前」下車、徒歩7分
拝観料:   大人(中学生以上)1000円、子供(小学生)500円
お問い合わせ:   財団法人 奈良の鹿愛護会 0742-22-2388
 
★由来
角鹿が、町民に害を与えたり、お互いに突き合って死傷したりすることが多かったため、1671年に、当時、鹿の管理者であった興福寺が、奈良奉行立会いのもとで始めたと伝えられています。今の形式になったのは1928年からで、角きり場を設け、年中行事として開催されるようになりました。 鹿の角きり(伝統行事 鹿の角きり)
★耳寄り情報
切り取られた鹿の角は、「鹿苑」にある『奈良の鹿愛護会』の事務所内で販売されています。記念品やお土産も大好評だそうです。
 
はちまきにはっぴ姿の勢子(せこ) 鹿を追う勢子(せこ)
鹿の角切 鹿の角切
   
角を切る烏帽子を被った神官 切り取られた鹿の角
鹿の角切 鹿の角切
 
★こんなこと知ってる?
角きりの会期中に、奈良公園にいるすべてのオス鹿の角を切っているのでしょうか?
  実は、8月から非公開で切り始めているのです。発育の良い鹿は、8月ごろから角がとがってきますので、これらの鹿はもうすでに角を切られて、奈良公園に戻ってきています。それともうひとつ重要な意味合いがあります。それは、鹿は9月から繁殖期に入りますので、発育の良い立派なオス鹿は、立派な子孫を残すために奈良公園に戻っていなければならないからです。
もし、鹿の角を切らなければ、どうなるのでしょうか?
  奈良公園に生息する鹿はニホンジカで、角はオスだけに見られますが、角を切らずに放っておくと、毎年春先に自然に抜け落ちて、また4月ごろから新しい角が生えてきます。初めのうちはピンク色の袋角(ふくろつの)と呼ばれる角が生え出し、日に日に大きくなり、そして成長しきると、袋が取れて、黒いとがった角が現れます。
鹿の角を見ただけで、その鹿の年齢が分かるのをご存じですか?
  角が生えるのはオス鹿だけですが、生まれた年は角は生えてきません。翌年になると、一直線のかわいらしい小さな角が生えてきます。その翌年、すなわちオス鹿が2歳になると、今度は直線の角に、1本の枝がついた角が出てきます。3歳になった年には2本の枝がついた角が出て、4歳では3本の枝がついた角が出てきます<三又四先・みつまたよんせん>。それ以上は年を重ねても枝の数は増えませんが、角全体がだんだんと大きく、立派になっていきます。
 
1歳の鹿の角(伝統行事 鹿の角きり) 3歳の鹿の角(伝統行事 鹿の角きり) 4歳以上の鹿の角(伝統行事 鹿の角きり)
<1歳の鹿の角> <3歳の鹿の角> <4歳以上の鹿の角>
★なら・観光ボランティアガイドの会からのおすすめ
『鹿の角きり』は、奈良の人々が鹿とともに歩んできた長い歴史の中で生まれた奈良でしか見ることのできない伝統行事です。ぜひ、秋の行楽のプランのひとつにお加えください。
★周辺のおすすめスポット
◎春日大社
藤原氏の氏神として反映した古社で、世界遺産に登録されています。春日山の原生林を背に、鮮やかな朱塗りの社殿が立ち並び、周囲の緑に映えて、美しく、みやびな雰囲気をかもし出しています。参道の両側には、おびただしい数の石燈籠(約2,000基)が立ち並び、歴史の深さと信仰の篤さを物語っています。また、回廊の軒を飾る釣り燈篭(約1,000基)、桧皮葺の社殿など、王朝絵巻を見るかのようです。
◎春日大社神苑 萬葉植物園
1932年の開園。鹿苑のすぐ北にあり、池を巡る庭園の中に『万葉集』に詠まれた約300種の植物が植えられています。各植物にはそれを詠んだ万葉集の歌碑が添えられていて、天平の昔をしのぶにふさわしい苑です。静かな散策で、奈良の秋を楽しんで下さい。
(入園料:大人 500円 / 小人 250円)

Comments

Leave a comment


© 2014 NPO法人 なら・観光ボランティアガイドの会(朱雀)– All Rights Reserved.